忍者ブログ
新生児・乳児・幼児がなりやすい病気や症状などを紹介します。
スポンサードリンク
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


手足口病のは通常、乳幼児や小児に感染し、珍しい病気ではなく、保育園・幼稚園で流行することがあります。


名前の通り、手の平・口の中・足の裏に水疱性の発疹ができる病気です。


その他の夏風邪の代表疾患としては夏風邪にはプール熱(咽頭結膜熱)ヘルパンギーナがあります。


■病名

手口足病(てくちあしびょう)


■病気の内容/症状

コクサッキーウイルスA16型(coxsackievirus CA16)やエンテロウイルス71型(enterovirus EV71)などのウィルスの感染によるウィルス性疾患です。


手口足病は毎年夏季に流行する急性発疹性感染症です。


手足口病のウィルスに感染後、3日~6日くらいで手のひら、足のうら、口の中の発疹に水疱性の発疹がみられます。


口の中がただれたり、潰瘍ができると痛みで食事を取るのが大変になる場合があります。


また、病気になり始めは微熱がでたり、喉が痛くなったり、食欲がなくなるといった症状もみられます。


■治療

手足口病に対する治療方法はありませんが、症状に応じて症状を緩和するための治療がされます。


多くの場合は10日くらいで自然に治るようです。


■合併症

稀に,急性髄膜炎などの中枢神経系合併症がみられることがあるようです。


■その他

2008年に中国で手口足病が大流行しています。


この中国の大流行は『エンテロウイルス71型』のウィルスによるもので死亡例も報告されています。


手足口病の可能性があるお子さんは小児科に受診してください。


PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 子供の病気ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]