忍者ブログ
新生児・乳児・幼児がなりやすい病気や症状などを紹介します。
スポンサードリンク
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



夏に流行る夏風邪の一種です。

プールの時期に集団発生することがあるので、プール熱と呼ばれているそうです。


その他の夏風邪の代表疾患としては夏風邪には手口足病(てくちあしびょう)ヘルパンギーナがあります。


■病名

プール熱。咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)とも呼ばれます。


■病気の内容/症状

アデノウィルスに感染する事で発症する夏風邪の一種です。

感染してからの潜伏期間は4日~5日で、いきなり38度~40度の高熱がでて3日~4日続きます。

プール熱の特徴は、高熱と喉の痛みや腫れ、目の充血や目やになどの結膜炎の症状が現れる事です。

アデノウィルスは感染力が強く、咳・目やに・唾液などから感染します。

子供はアデノウィルスに対する免疫が出来ていないため、感染しやすいそうです。

消毒が十分でないなどが原因で、プールで集団感染することがあるのでプール熱と呼ばれています。

昔は、プール熱になるのを予防するために乳幼児をプールに入れない方もいたようです。


■治療

症状に応じた対症療法が中心となります。

・熱    ⇒熱を下げる薬(解熱剤など)
・喉の痛み ⇒喉の痛みを和らげる薬
・結膜炎  ⇒結膜炎の薬(点眼薬など)

熱が出るので水分を十分にとり、安静するように心がけましょう。


■合併症

乳幼児では、ごくまれに肺炎になるケースがあるようです。


■その他

プール熱は指定伝染病です。

症状がおさまってもすぐに保育園・幼稚園・小学校に登校してはいけません。

学校保健法施行規則では、主要な症状がおさまってから2日間は原則として出席停止となっています。


プール熱の可能性があるお子さんは小児科に受診してください。
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 子供の病気ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]